水害対策マニュアル

水害の種類

浸水深

 浸水深とは浸水域の地面から水面までの深さです。
 水深の目安は次のようになります。

 浸水深が0.15m未満は大人の足首までつかる程度の浸水です。
 浸水深が0.5m未満は大人の膝までつかる程度の浸水です。
 浸水深が0.5m〜1.0m未満は大人の腰までつかる程度の浸水です。
 浸水深が1.0m〜2.0m未満は1階の軒下まで浸水する程度の浸水です。
 浸水深が2.0m〜5.0m未満は2階の軒下まで浸水する程度の浸水です。
 浸水深が5.0m以上は2階の屋根以上が浸水する程度の浸水です。


TOPページに戻る
水害の原因と種類一覧ページ

(C)2008 水害対策マニュアル

[PR] 相性占い

i2i無料WEBパーツ