水害対策マニュアル

水害ハザードマップとは

ワークショップ

 ワークショップとは参加者が主体となって積極的に参加体験し相互作用の中で問題解決や理解をします。
 グループによる学習や創造し、提言してく場です。

 水害対策ワークショップでは防災関係機関と地域住民が水害対策を検討し、提言するなど協業して地域の防災体制を構築します。
 図上訓練を取り入れたワークショップが開かれることが多いです。
 水害に対する減災対策のひとつです。


TOPページに戻る
水害ハザードマップとは一覧ページ

(C)2008 水害対策マニュアル


i2i無料WEBパーツ