水害対策マニュアル

公共施設の水害対策

建築物の水害対策

 大型ビルはビル内への浸水を防ぐ為、エントランス、地下駐車場入り口には水防板・水防扉の設置、止水板が設置する浸水対策がとられているビルがあります。

 治水対策の一環として雨水を地下に浸透させる施設(雨水浸透ます、浸透トレンチ等)、雨水貯留施設を、国、地方公共団体、公社、公団等が所管する全ての公共施設及び敷地面積が500uを超える大規模な民間施設で設置の指導を行っている自治体があります。


TOPページに戻る
公共施設の水害対策一覧ページ
次ページ
(C)2008 水害対策マニュアル


i2i無料WEBパーツ